2018年12月26日水曜日

過去最高に楽しかった舞台だった!

さて、スーパーライブのまとめ第2弾。
前回は「ビバ! ボランティア !!」と題して、皆さんが知らないであろうボランティさんの話を書いた。
今回は、「ビバ! アクター!!」と題して書こうと思ったが...、

前回、
「ビバ!って何すか」
「古っ!」
「ビバ!でもう昭和臭が漂ってますよ」とかなりタイトルの評判が悪かった。
まっ、昭和世代のおっさんだからしょうがない。

とにかく今日はアクターについて書こうと思う。
それでは、「ビバ! アクター!!」

NPO法人HEROで活動しているアクターは現在6名。
(もちろんこの6名は、NPOのメンバーなので、ショーへの出演だけではなく、ヘアドネーションの活動も行うし、ライブ開催となればスポンサー集めなど何でもやっている)

それに対し、今回のスーパーライブのキャストは、MCとノア役を除いて12キャスト。
つまりアクターが12名必要となる。
普段の一般公開ショーは、5〜6名のアクターで回せるように作っているが、スーパーライブとなると、そうもいかない。

足りないキャストは借りてくるしかないのだが...
これが普通のアルバイトの派遣と異なり、「誰でもいい」と言うわけにはいかない。

我々の後輩も東映の現役アクターが多く、職業柄のしがらみがあり、声をかけるのが憚られる(2014年、2015年は手伝ってもらったが、3回目、4回目にもなると流石に...)。
とは言え、現役を引退した者はことごとく太っていて使いものにならない。(かく言う自分も震災前は大デブだったのだが...笑)

東京には様々なスタントマン事務所があり、どこにでも派遣してくれるところがある。
そういう所にお願いすることになるのだが、問題は顔をあわせて稽古するまで、その方々のスキルがどれほどなのかがわからない。

ご存知の方もいるだろうが、2016年はそれで大失敗した。
問題は、我々に知名度が無く、「所詮ご当地ヒーロー」と十把一絡げにされてしまうこともあるのだろう。

しかし、これに猛然と噛みついたのが、2014年からNPO法人ヒーローのメンバーとして活動している一人の男である。

まぁ、男は男であるのだが、この世界に入ってから女形一筋で、持ち物もキティで統一している正真正銘のオトメン?である。(でも、おっさんでもある)
仮にその男の名前を渋谷としよう。
渋谷は、東映キャラクターショーでアクションスキルを磨き、2008年から2010年までテレビ放映されたトミカヒーロー シリーズ「レスキューフォース」「レスキューファイアー」でR3とファイアー5を演じたアクション(ウー)マンだ。

今回はその渋谷が、
「足りないキャストは自分が何とかします!高い金を払うのは自分がダメだった時にしてください!」と直訴してきた。


結果!!!

今回、とても楽しい舞台になった。
全員がアクションスキルが高い上、金で事務所から派遣されたアクターと異なり、舞台に立つ目的が我々と一緒なのだ!

これはアクターだけではなく、ノア役の役者もそうだった。
我々が作る舞台の先にあるものをみんなが共有していた。

子供たちの笑顔、
それを見つめる親たちの笑顔、
家族で龍の話題で盛り上がれる団欒のひと時...

我々が提供したかったもの。見たかったもの。


そのため、初顔合わせが多かったにも関わらず、毎日深夜までアクションのこと、芝居のことで意見をぶつけ合っていた。

本当に素晴らしいキャストだった。
自分に置き換えてみても、17歳からこの世界に入り、こんなに充実し、楽しい舞台は初めてだった。本当に楽しかった。

渋谷の連れてきたメンバーの中に、佐藤太輔くんがいた。
特撮好きの方の中には名前を聞いたことがある方もいるかもしれない。
彼は、テレビの海賊戦隊ゴーカイジャーのゴーカイシルバーや、特命戦隊ゴーバスターズのビートJスタッグ、仮面ライダー鎧武では仮面ライダー龍玄を演じていたスーツアクターだ。

この佐藤くんに「今回、渋谷になんて誘われたんだ?」と聞いてみた。
笑って「パワハラです」と即答された。

何でも、渋谷に話があると呼び出され、1冊の本を渡され、「これを3日で読んで感想を聞かせろ」と言われたそうだ。
本はリュウプロジェクトの本「震災のあの日から」だった。
夢中で読んでくれたらしい。
3日後、渋谷に電話をし感想を述べると、
「よし、12月ここのショーに出るために宮城に行くぞ」と言われたそうだ。

試しに他のメンバーにも聞いてみたが、概ね同じような答えが返ってきた。
そして一様に「渋谷さんのパワハラです」と口を揃えるが、その表情を見る限り、渋谷の話を聞き自らの意思でやってきたのは間違いがない。

そんなキャストが集まったのだ、演じている我々が楽しくないわけがない!
きっと子供たちにもその思いは伝わったはずだ。

アンケートのメッセージにもたくさんの方が、
「龍のピンチに、MCが煽ってもいないのに、客席のあちらこちらで自然発生する子供たちのがんばれ〜!の声に感動した」と書いてくださった。

本当に楽しい舞台だった。

ヒーロー だから伝えられるものがあると我々は信じている。
次回、スーパーライブを開催する時にも、またこのメンバーで、子供たちに何かを伝えられる存在でありたいと思う。


そうそう、
佐藤太輔くんは、来月の新年会にも東京から参加するそうだ。笑




今年でキャラクター脱ごうと思っていたが、もう少しやってみようかな...
一年の最後に、そう思わせてくれる素敵な男たちに出会えたことが嬉しい。

by BOSS




0 件のコメント:

コメントを投稿