2016年12月6日火曜日

大崎市 木の実幼稚園

今日は大崎市の木の実幼稚園です☆

お久しぶりの訪問でしたが、龍のことが大好きなお友達たちは朝から「りゅう!くる!!」とドキドキです!

登園の際、「ばきしんらいざーりゅう♩」と口ずさみながらクラスに入っていったお友達もいて、嬉しくなりました(^ ^)

今日はりゅう大好きなみんなと、リズム体操をして楽しく過ごして来ました!

みんな一生懸命振りを覚えてくれて、すぐに踊れるようになっちゃいました( ´ ▽ ` )ノ

本当に汗をかくくらい、体をめいいっぱい使って楽しそうに踊ってくれた子供たち♡

とっても嬉しかったです♩

握手の時間も、キラキラした表情で龍を見つめる子供たち☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

嬉しくってぎゅ〜〜♡って抱きついているお友達もいましたよ(*^o^*)かわいい!

みんな「またね!」って手を振って最後までお見送りしてくれて、とても嬉しかったです!

またみんなで楽しく踊ろうね!!!今日はありがとうございました☆













次回の公演は明後日、8日(木)
石巻市の井内保育所に行きますね!

まずは、明日、ヘアドネーションの研修で新潟に行ってきます!

2016年12月5日月曜日

私の想い、手紙を下さったおばあさんに届いてほしい。

11月29日に「破牙神ライザー龍スーパーライブ 当日キャンセルの件」と題し、思っていることを書いて以来、たくさんのメール、電話、手紙等をいただいた。

メールや電話は、返信や直接話すことで僕の思いを伝えられたのだが、問題は1通の手紙。

非常に達筆な字で書かれており、文章も、教養と人となりが溢れる手紙であった。
何が問題かというと、住所が書いてないのである。お名前も。
最後に、「4歳の孫といつも龍を応援している80歳のおばあちゃん」としか書いていない。

4歳になるお孫さんが、女の子なのだが、龍が大好きなそうで、幼稚園から帰ると、毎日おばあさんに龍のDVDをかけてくれとせがむらしい。
さらに、母親が帰ると、母親の携帯に保存している龍と自分の写真を見せてくれとせがむそうだ。
おばあさんも、おかげで龍のことが詳しくなり、おばあさん、お嬢さん、お孫さんに、お父さんを含め、三世代で毎日龍の話題で明るく暮らしていると書いてあった。
もちろん先日のスーパーライブにも、4人で見に来てくれたそうだ。

それ以外に手紙には、前回僕が書いた文章にたいして、率直かつ丁寧なご意見をいただいた。今回、どうしてもこのおばあさんにお礼を言いたくて、ブログの担当に載せてくれるようにたのんだ。
もともと、11月29日に僕が書いたブログをお嬢さんから見せられ、手紙をくれたので、この文章が、おばあさんとお嬢さん、お孫さんに届くことを切に願う。



拝啓
おばあさま、お手紙ありがとうございました。
日々お孫さん達と、龍の話題で明るく過ごしているとのこと。ありがとうございます。
私たち、運営している者、演じている者にとって何より嬉しいお言葉です。

この度は、私の拙い文章で、お嬢様、お孫さんにご心配をおかけし、誠に申し訳ございませんでした。

おばあさまのおっしゃる通りです。
私自身、周りが見えていなかったと思います。
「158名の心無い方がいる一方で、1,852名の龍を愛している子どもたちの存在...」

当日欠席者の数の多さに、驚き、半ば失望し、私たちの労力が虚しさに変わり、来年のスーパーライブ開催への意欲が全くなくなってしまいました。
しかし、おばあさまがおっしゃる通り、スーパーライブでは、1,852名もの子ども達が、涙を流し、手を握りしめ、龍と共に戦っていたんですね。
その声が力になると信じて...。
ライブ終了後に寄せられたコメントを読んでも、その様子が私たちにもひしひしと伝わっていたはずなのに、思いがいたらず申し訳ございません。


「たった158名の心無い方のために心を折らないで欲しい...」
この言葉にも心が動かされました。

創っている私たちが情けない思いです。
お手紙を拝見し、目が開きました。


多額の費用がかかるスーパーライブ、今ここで「開催します」と断言できませんが、前言を撤回し、龍を応援し、愛してくれている子ども達のために、破牙神ライザー龍スーパーライブの来年開催を目指して最大限の努力をします。

来年、楽しみにしていてください。

最後に、今回暖かいご指導、誠にありがとうございました。
また何か私たちが間違った時には、ご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願い申し上げます。

敬具

BOSS


どうか、私の想いが手紙を下さった
おばあさんと、お嬢様、お孫さんに届きますように!




2016年12月4日日曜日

石巻市 お願いポスト はるとくん

そして、ショーが終わった後には、お願いポスト企画!

石巻市はるとくんの「りゅうにあいたい!」というお願いを叶えに行ってきました☆

いつもは保育園で龍に会っているはるとくんだけど、今日は龍が自宅に!!

扉を開けると、一瞬固まったはるとくん・・・(笑)

でもすぐに嬉しそうに自宅の中まで案内してくれました♩

お家の中では龍と写真を撮ったり、握手をしたり、ベルトやカムイに触ったり・・・

はるとくんすごく嬉しそう(*^o^*)

最初はちょっぴり緊張していたみたいだったけど、すぐに慣れて龍にいっぱい話しかけてくれていました!

はるとくんの親戚のお友達も龍と握手してパワーを分けてもらっていましたよ☆

「これからも応援しています!頑張ってください!!」

って、龍のことを応援してくれるとっても優しい子でした♡

はるとくんからの似顔絵のプレゼントも嬉しかったよ!はるとくん、またきっと会おうね〜〜(^ ^)














次回の訪問は12月06日(火)
大崎市の木の実幼稚園に行きます!




石巻市 牡鹿地区クリスマス会

今日は今年最後のフルパッケージショーです☆

石巻市の牡鹿地区大原小学校でショーを実施してきました♪( ´▽`)

牡鹿地区は子供の数も少なく、あまり子供向けのイベントが開催されないとのことで、ライオンズクラブ様が、「破牙神ライザー龍ショー&牡鹿地区クリスマス会」と題し、牡鹿の子供たちのために企画したイベントでした♩

子供が少ない地域と聞いていたのですが、ショーには小さなお友達から中学生くらいのお友達まで、たくさん応援に駆けつけてくれたんです(;_;)♡

みんなの大きな「がんばれ〜〜!」の声が終始聞こえてきました!

ショー終了後の握手撮影会にもみなさん参加して行ってくれ、そのお顔には満面の笑みが浮かんでいました☆

ショーが終わって、私がステージ袖に戻っても、誰もいなくなったステージに「りゅう〜〜〜!!!」と叫ぶ声が印象的でした。笑


龍と写真を撮った後には、嬉しいクリスマスプレゼントも( ´ ▽ ` )ノ

中身は龍グッズとお菓子です♡

ライオンズクラブさんたちが、子供たちのためにサプライズプレゼントをと、企画してくれました!

会場ではおいし〜〜い豚汁のお振る舞いもあり、ちゃっかりいただいてきたスタッフ一同(笑)

素敵な時間をありがとうございました!!










この後は、石巻のお願いポストではるとくんに会いにいきます!

2016年12月3日土曜日

仙台市 お願いポスト あかりちゃん

今日は仙台市のあかりちゃんのお願い「お誕生日会に来てください」を叶えに行ってきました〜♡

龍のことが大好きなあかりちゃんは、今日をとっても楽しみにしていたようで♩

3歳になったお祝いに、龍が駆けつけてくれるなんて嬉しいね〜〜〜(*^o^*)

龍が来ることは知っていたけど、やっぱり緊張したようで、最初は固まっていましたが、すぐに龍のおててを掴んで離さない状態に♡

お家の中ではあかりちゃんのお誕生日会を行っていたようで、家族の皆さん総出でお出迎えしてくれました!

テレビでは、スーパーライブ2015が流れてましたよ( ´ ▽ ` )ノ笑

あかりちゃんと龍、すごく仲良しになったようで、ずっとずっと手をつないでいました☆

小さなお友達のまつりちゃんも、龍に興味津々でじーーーーっと見つめていましたo(^_^)o

「顔にあまりでない子なのですが、今日はすごくテンション高いです!」とお母さん♩

バイバイの時には寂しそうなお顔でお母さんに抱きついていたあかりちゃん・・・

大丈夫、またきっと会えるから、その日を楽しみに待っていてくださいね〜♡

今日は素敵なお誕生日会にお招きいただき、ありがとうございました〜〜〜♪( ´▽`)














次回の公演は明日、12月04日(日)
石巻市牡鹿地区での一般公開ショーです。
お近くの方は、牡鹿地区大原小学校に集合!
13:10〜(1ステージ)

一般公開ショーの後は、お願いポストで
石巻市のはるとくんのお願いを叶えてきます!

2016年11月29日火曜日

破牙神ライザー龍スーパーライブ 当日キャンセルの件

17日にライブを題材に何か書けと言われ、駄文を書いたのだが...
今度はアンケートの集計が終わったので、また何か書けとのこと。今週は珍しく龍の公演が1つも入っていないので、ブログに書くネタがないらしい...

別に書くことがなければ書かなきゃいい...と、思うのはおっさんの言い分らしく、今までほとんど書いてないんだから、書けと言われれば、まぁしゃぁないとしぶしぶ書いてみる。


まずはアンケートの集計を見て驚いた。
959人の方が書いてくださり、たくさんの皆さんが我々にメッセージを残してくれている。ライブ鑑賞後すぐに書いてくださっているだろうからか、とても熱いメッセージが多い。ありがたい。


もう一つ驚いたことは、アンケートと同時にまとめた報告書に記載されていた当日のドタキャンの人数!
なんと2日間で158名・41家族(グループ)が当日無断で欠席。いわゆるドタキャン。

先に言っておきます。僕は怒っています!!!


今回は、2,251名の応募があり、241名のご家族が抽選漏れしています。

158名・41家族、この当日欠席者は事前に何も連絡がなかった方々です。
前日に子どもが熱を出して、行けなくなりました...
実家で不幸があり、行けなくなりました...
など、事前にご連絡をいただいた方を除いて、この数字。
もう、本当に嫌になる。


事前に連絡があれば、抽選漏れをした中から、希望日が合った方に席を譲ることもできるし、実際に今回、事前にご連絡をいただいて席を譲っていただいたご家族が3家族います。ドタキャンする人々は、なぜ、この3家族のように基本的なことができないのだろうか?
しかも、招待状には「今年も100名以上の方が抽選漏れしています。病気や怪我などを除き、当日欠席などのお席を無駄にする行為はおやめください。」と記載してあるのにもかかわらず。
それとも全員が病気や怪我をしたのか? それならそれで電話の1本くらいして欲しい。
この人たちは心が痛まないのだろうか?


我々は全員が他に仕事を持ちながらこの活動に従事している。
何ヶ月も前から、夜な夜な間借りしている事務所に集まり準備をしている。

抽選は、申し込みハガキをシャッフルして引いていくようなやり方はしていない。それ以上に、担当者は手間をかけて選んでいる。
相変わらず、2枚、3枚とハガキを出す方が今年も30人以上いた。
今回最も多いのは、1人で13枚出している方だ。さらに、1公演から5公演までに複数枚出す方もいる。
担当者は、まず、そういうルールを無視している方を1枚ずつ照らし合わせながら確認していく。2,251名分のハガキを全てだ。
その過程で、もちろん書かれているメッセージも全て読んでデータ化もしている。
メッセージからいろいろなものを読み取るために。
そうやって、我々の公演を見て欲しい... 見せてあげたい... と、思う方を2,010名選んだのだが、158名・41家族がドタキャンとは...
抽選の担当者はそりゃ、落ちこむだろう。この158名を選んだのも自分達なのだから。
見ているのが辛くなる。


スーパーライブは去年まで4公演だった。
それが今年、5公演になったのは、昨年608名の子ども達が抽選漏れし、抽選担当のメンバーから、「土曜日に1公演増やしていただけないでしょうか...」と相談があったからだ。
正直、現役時代にも会館ライブを1日3公演を経験した者は誰もない。
それでも、3公演にしたのは、抽選を担当しているメンバーの抽選漏れの子ども達を一人でも減らしたいという強い思いだ。
だから、我々アクターは了承した。


ドタキャンの大きな理由は様々あるだろうが、8月10日〜10月7日までという申し込み期日が長いこともその要因の一つであるのだろう。
実際に、お客様から長すぎると指摘も受けているそうだ。
たしかに、1ヶ月前とかに対象地域に一斉に告知ができればいいのだろうが、告知にも金がかかる。例えば宮城県全域に折り込み広告をするとすれば、河北新報だけで約46万部、1枚につき3円がかかるので、約138万円となる。この他に、幼稚園・保育園訪問は福島や岩手にも行っている。とても我々が捻出できる金額ではない。

それゆえに、ジレンマを抱えながらも、龍が呼ばれる幼稚園・保育園での手配りが中心となる。さらに、より多くの子ども達に届けられるように、配布期間が長くなる。
申し込みは8月10日だが、チラシの配布は6月下旬から配布が始まっている。
たしかに、長い...

でも、考えて欲しい。
この公演を開催するのに何人もの人間が無償で働いていることを。
そして、当選した方の一方、抽選漏れした子ども達もいることを。


もう、来年開催する気持ちが完全に萎えた!

アンケートのメッセージにも触れたかったが、今日はもう無理。
明日以降、再読してまた書きます。(予定)


文責 BOSS

2016年11月27日日曜日

破牙神ライザー龍スーパーライブに寄せて、故 韮沢 靖氏の奥様からのコメント

過日は、素晴らしいショーにお招き頂きまして誠にありがとうございました。

石巻というところは私にとって少々大げさではありますが、夫 韮沢靖との「約束の地」のような場所です。
韮沢靖は石ノ森先生の施設など伺っていましたので「今度は一緒に行こう」となっていたのですが、それが叶わなくなり、自分から赴く気力もありませんでしたので、今回石巻に伺う機会を設けて下さり心より感謝しています。
夫と一緒だったら何倍も楽しい旅だったかと思いますが、石巻の事は震災での被害が大きかったことから、最近もニュースで諸々取り上げられ、辛く悲しいのは自分だけでは無いことを改めて思います。


見せて頂きましたショーの内容はとても素晴らしく、ストーリーや設定など見たお子さん達は、今はまだ理解が難しくても、大きくなって思い出して単なるアトラクションショーには留まらないものだった事を考えると思います。


韮沢靖のデザインは本当に格好良いと思いました。

しかし、それらが生かされるのは、スーツに作り上げる方、それを着て演じられる俳優の方キャラクターを支える声優の方たちのお力によるところが大きいと思います。
3人のスーツアクターの方たちがとても格好良く、舞台の端で佇んでいる時や観客席に対し後ろを向いている時もスキの無い演技をされていて感激しました!
どうもありがとうございます。
リクイダムのブラックライトで光る演出は、韮沢靖が見たら絶対に大喜びしていたでしょう!

お疲れのところ一緒に写真を撮る機会を下りありがとうございました。
それまでなんとか平静を保っていましたが、韮沢靖の絵からそのまま抜け出してきたような3人を見たら感情が溢れて、もう涙が止まらなくなってしまいました。
せっかくのところ気を遣わせてしまい申し訳ありませんでした。
でもこのお仕事をさせて頂いて本当に良かったと心から思います。

韮沢靖も誇りにしていました。それはデザインをする作家にとって、とても幸せなことだと思います。


アクターさんやスタッフの皆様は、お怪我等くれぐれもお気を付けになって頑張って下さい。
送って頂いた画像ですが、私は黒づくめでなんか悪の幹部みたいですね(笑)でもって泣いていてちょっとシュールな写真…
決めポーズの画像はSNSにupさせて頂きます。


皆様にも改めて感謝の気持ちをお伝えして頂きたいと思います。
どうもありがとうございました。

長文失礼致しました。
またお目に掛かれる機会を楽しみに致します。

韮沢 紀美子